クオリティを変えずに縮毛矯正の時間短縮

約1年ぶりに縮毛矯正の講習会へ。。

講師のパリスさんもお元気そうで!

今回のテーマは『時短』。

必要なことをきちんとやり、無駄なことを徹底して省き、必要な商材を考える。。。

簡単なことのようで大変なんです。

ともすれば、、、、手抜き。。。(笑)

時短と言いながら手抜き。。。。

効率化と言いながら手抜き。。。。

そんなこともよくある話です。

そこはやはりパリスさんです。

縮毛矯正を1時間45分。。。。

今回は講習しながら話しながらですから、黙ってやればあと15分は。。。

って1時間30分。。。。?

カット込みで2時間、、、、、、、です。

ですよ。。

見た目、急いでいるわけでもなく、荒っぽいわけでもなく、雑でもなく。

普通にいつのもパリスさんの仕事。

なのに、、、、です。

終わってみれば1時間45分。

はい、、、、、つままれてます(笑)

サラッとこんな感じです。

良いことを教えていただきました。

全てのお客様がこんな短時間で、、、と言うわけにはいかないかもしれません。

が、間違いなくマシューの縮毛矯正も10分、20分、30分、もしかしたらそれ以上の『時短』になるでしょう。

楽しみです。

クオリティを上げながら、『時短』によって価値を高めていくこと。

マシューでもカットを含め全ての技術で必要なことです。

新たなテーマをいただいたパリスさんに感謝です。

- kino.のとりあえず『やっとけ!』, お仕事